• ホーム
  • 早漏手術で持続時間を長くする

早漏手術で持続時間を長くする

悲しいカップル

早漏は手術をすることで持続時間を延ばし克服することが可能です。
早漏注射と包茎手術、陰茎背部神経遮断術の3種類があります。
早漏注射では亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸などを注入します。
射精を我慢できないのは、亀頭があまりにも敏感だからです。
そこでコラーゲンやヒアルロン酸など人体に安全な薬剤をクッションとして入れれば、刺激を受けにくくなるので射精を我慢できます。
持続時間が延びるだけでなくペニス増大効果も実感できます。
薬剤が吸収されれば何回も注射を受けなければなりません。
薬剤は定着するタイプは価格は高いですが、1度受ければ通院する必要がありません。
これを取り扱っているのは美容クリニックだけで、吸収タイプと定着タイプで値段に違いがあり、保険は適用されずに4万円~20万円です。
包茎手術では早漏対策として包茎を治します。
包茎の人は普段は亀頭が皮で包まれています。
勃起時に亀頭がむき出しになりますが、普段皮に包まれていることで刺激に慣れていません。
女性の膣内の刺激に耐えることができずに射精してしまいます。
そこで包茎を治して常に亀頭が出ていれば、下着の中で擦れるたびに刺激に強くなります。
包茎手術は早漏が改善する他にも、見た目が良くなったり洗いやすいことで清潔な状態を保てたりメリットがあります。
費用は保険が適用されないので、クリニックによって5万円~25万円です。
そして陰茎背部神経遮断術は、一部分だけペニスの神経を切除することで、感度を鈍らせます。
これは日本ではなく韓国で受けられる手術です。
費用は日本円で7万円ほどで、10万円出せばツアーで手術を受けられます。
しかし切除する神経を間違えると重い後遺症が残る恐れがあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧