• ホーム
  • 早漏にならないための訓練

早漏にならないための訓練

薬を服用する男性

早漏は女性に嫌われる身体的性質です。
それだけでフラレてしまう事は稀有でしょうが、女性目線からすると彼氏が毎回セックスの最中に早すぎる射精ばかりを繰り返していると、その態度に呆れてしまう事でしょう。
セックスはピストンだけが山場ではありませんが、女性はやはり長時間、安定した硬さのペニスを味わいたいと思っています。
ほんの数分で毎回射精していては、女性からセックスが下手な男性、あるいは自分を楽しませてくれない彼氏、という不名誉な評価を受けかねません。
早漏にならないためには訓練が要ります。
元々、日本人男性は早漏を抱えやすいと言われています。
神経質で生真面目、そしてナイーブなメンタルを持っているため、ちょっとでもベッドの上で緊張すると、心理的な要因によって射精タイミングのコントロールが乱れやすいためです。
訓練方法はいくつかありますが、自分一人で出来る簡単な方法としては、マスターベーションが推奨されてます。
マスターベーションといっても、いわゆる普段通りただ性器を刺激するだけでは訓練になりません。
ポイントはそのやり方にあります。
やり方自体は個人の好きなスタイルでOKですが、ポイントは射精に至る直前で、我慢する点です。
そろそろ射精しそう、という感覚を覚えた時点で素早く手を止めましょう。
意識が訴えた時点で素早く手をストップすれば、ペニスは精液を出さず、勃起した状態で静止します。
そして、心がある程度落ち着いたら、再びマスターベーションを再開しましょう。
再びペニスを刺激し続け、再度射精の感覚に襲われたら、先ほどと同様に射精の感覚が湧いた瞬間に手を止めましょう。
ストップとマスターベーションを交互に繰り返していく事で、脳が射精を我慢するタイミングや感覚を地道にインプットしていきます。
特別な準備も要らず自分ひとりで出来る訓練ですので、これから早漏でデートを失敗したくない男性は日頃から実践してみましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧